交通解析

・「Aimsun」はスペインのTSS(Transport Simulation Systems)社で開発された世界トップレベルの 高機能交通シミュレータです。
・交通シミュレーションは、リアルな交通環境の再現が可能で、結果はわかり易いアニメーション表示により プレゼンテーションツールとして活用できます。
・このシミュレータで都市計画・交差点計画や各種避難計画などについて、交通工学に基づいて 弊社が総合的に技術サポートを行います。

多様なアウトプット指標-都市計画への適用-
道路網整備計画(ネットワーク)では、交通状況の時間推移が表現できるため、現況再現による渋滞発生要因の把握や、 再開発などによる交通量増加の様子が予測できます。さらに、改良工事中の迂回・片側通行などに伴う課題の抽出など、 多様なアウトプット指標があります。

現況再現の容易さ-交差点計画への適用-
交通状況の空間分布の時間推移をビジュアル的に捉え、交差点が多い路線も再現できますので、効果的な改良計画を立案します。
シミュレーション上で信号サイクルを調整して、旅行時間の変化も把握できます。

複数ケースの検討が可能-避難計画への反映-
津波・火山泥流など自然災害発生時の車両避難シミュレーションにより、避難完了に必要な時間、ボトルネック箇所の抽出、 それらの時間変化を定量的に把握して、地形・道路状況を考慮した避難計画に反映させることができます。
さらに、条件を変えて複数ケース検討できるため、地域の実情に合わせた避難想定ができ、住民や関係者にその理解を得ることも容易になります。

高いプレゼンテーション力
アニメーションで表示し、交通状況の鳥瞰や、特定の交差点のズームアップも容易で、立場の異なる関係者間のコミュニケーションツールとして 活用できます。

例)ラウンドアバウト導入による交通渋滞緩和の検討
安全かつ効率的な交差点制御のための、ラウンドアバウト導入検討において、渋滞緩和の有無、交通容量の把握、最適形状の提案を行います。

・従来の十字路交差点      ・ラウンドアバウト(環状交差点)
ラウンドアバウトとは…
平成26年9月に改正道路交通法施行により、ラウンドアバウト(環状交差点)の運用が開始。ラウンドアバウトは、信号による停止がなく、右左折車線が不要で、信号を撤去できることで景観が改善され、低コストで導入・維持管理が可能。